ほくろは簡単に除去できる

美容整形外科でほくろを除去|日帰りでOKな施術方法

専門機関の技術

頬に手を充てる女性

顔等の目につきやすい部分にほくろがたくさんあったり、サイズの大きなほくろがあると、それだけで見苦しくなります。現在ではほくろを除去するための商品もドラッグストア等でも見かけるようになりましたが、ほくろの除去は皮膚の深層にある根っこまでも除去しなければならず、小さいサイズで根っこが浅い部分にあるものでなければ市販の商品等で除去することはできません。そのため、個人で無理矢理削ったり、切除しようとする人もいますが、それは絶対に避けた方が良いと言えるでしょう。というのも、そのような方法で除去しようとしても、再発の可能性が残るばかりか、大きな傷跡が残ったり、傷口からばい菌が入ることで化膿したりするからです。さらに、下手な切除を試みれば、元のサイズより大きなサイズで再発する可能性もあります。ほくろの数が多い場合は、その数だけ切除を試みる必要があり、その分だけ傷跡が残る可能性もあります。それゆえ、もし、ほくろのことで悩んでいるのなら、個人の力で除去しようとするのではなく、美容整形外科等の専門機関に依頼してみてはいかがでしょうか。美容整形外科等に依頼すれば、安全できれいに除去してもらえるだけでなく、切除後のアフターフォローも期待することもできます。

美容整形外科等でほくろの除去を依頼すると、安全で確実に除去することができますが、その主な除去方法は炭酸レーザーというものになります。炭酸レーザーはピンポイントでほくろに照射され、皮膚の深層にある根っこも消滅させます。そのため、再発の心配もほとんどなく、ピンポイント切除であるため、傷跡もごく小さなものになります。レーザーと聞くと、刺激的で痛そうなイメージを持たれるかもしれませんが、使用前に麻酔を使用するため、レーザー切除中に痛みを感じることはほとんどありません。また、余程、巨大なほくろでなければ、日帰りの手術となり、入院の必要もありません。しかし、サイズが大きく、立体的なほくろになると、皮膚から飛び出た部分をまずメスで切除し、それからレーザーで根っこを除去するという方法になるため、若干時間や費用を要します。いずれにしても、こうした先端技術を駆使してもらえるのは美容整形ならではのことと言えるでしょう。また、術後の傷跡がきれいに仕上がるための美容成分が豊富に含まれたお薬も処方してもらえるので、術後も安心して過ごすことができます。このお薬は希望すれば、傷跡がなくなった後でも処方してもらえるので、単に美容という観点からも通院するメリットは多いと言えます。

顔の印象が変わる

看護師と先生

ほくろは色や盛り上がり方により目立ってしまうことが多く、それによりコンプレックスを感じてしまう人もいます。ほくろにはまれに悪性のがん化するものもありますので、皮膚科や整形外科などを受診し、切除方法を相談することが肝心です。

Read More

顔の黒点が気になる方

顔を触るレディー

ほくろに悩まされている方は、整形によって除去すると効果的です。その種類としてメスを使用するものとレーザー手術があります。施術後は紫外線に警戒して、定期的に日焼け止めクリームを塗ることが大切です。

Read More

気になる部分を手術でケア

鏡を持つ人

美容整形外科ではレーザーや切開手術などの方法を用いて、大きなほくろもキレイに取り除くことができます。費用は一般に2〜3万円程度ですが、保険が適用できる場合もあります。ほくろが悪性でないか診断することは大切です。

Read More

悩みから解放されましょう

ガッツポーズの医師

ほくろがコンプレックスで取り除きたい場合、美容整形が確実です。小さめのものだと傷が軽くて済むレーザー治療が可能ですが、大きいものだと確実に取れる切除になります。信頼出来る医師とよく相談して施術方法を決めましょう。また左右非対称や大きくなるほくろは悪性の可能性もあるので、すぐに医師にかかりましょう。

Read More