ウーマン

美容整形外科でほくろを除去|日帰りでOKな施術方法

顔の黒点が気になる方

顔を触るレディー

綺麗に取り除けます

顔には、様々な黒点ができます。ほくろやイボ等です。中でもほくろは、目立つので早く取りたいと考えている方は多いです。そんな方にお勧めなのが、整形手術です。ほくろは、皮膚の一部にメラニン色素を含む細胞が集まることでできます。ほくろは、長い年月をかけて移動してゆきます。その為、今までなかったところにできてびっくりする方もいますが、問題ないです。整形手術でほくろを取り除く方法として、レーザーを使った方法とメスを使った方法の2種類あります。レーザーを使った方法では、炭酸ガスレーザを使うのが主流です。ほくろの大きさが10mm以下であれば、レーザを使って綺麗に取り除くことができます。手術時間は、大きさにもよりますが、数十分で終わります。手術後は、若干赤くなりますが、数日立つと、赤身も引いて、綺麗な肌に戻ります。10mmより大きいものについては、メスを使って皮膚ごと切除します。切除した面積が小さい場合は、自然治癒で綺麗にするのですが、切除した面積が大きい場合、他の目立たないお腹や、太ももから皮膚を移植します。手術時間は、1時間もかからない位で、部分麻酔で行います。どちらの方法でも、現代の医療技術をもってすれば、きれいにほくろを取り除けるのでお勧めの方法です。

施術後の紫外線対策が大事

整形手術することで、ほくろは綺麗にとれますが、手術後、守らなければならないことがあります。それは、ほくろがまたできないようにする為に、整形手術後は、紫外線対策をしっかりすることが大事です。肌は、紫外線に当たるだけでもダメージを受けます。散歩や買い物といった日常生活程度の紫外線であれば、肌のターンオーバーと呼ばれる回復作用で、肌が修復するので問題ないです。しかし、過剰に紫外線に当たった場合、肌が回復できなくなってしまいます。この状態が長期間続くと、メラニン色素細胞の異常をきたし、ほくろができてしまいます。その為、紫外線対策をしっかり行うことが重要になってきます。海に行くことがあれば、しっかりと日焼け止めクリームを塗ることが大事です。日焼け止めクリームは、たくさん種類があります。どれが良いか迷った時は、数値の大きいものや+が多い物を使うと良いです。日焼け止めクリームは、水で流れおちてしまうので、こまめに塗ることが大事です。また、日差しが強いと感じる日は、日常の買い物であっても、帽子や、日傘をさすことで紫外線をしっかり防止できます。ほくろの再発防止の為にも、紫外線対策をしっかり行う事が大事です。