ウーマン

美容整形外科でほくろを除去|日帰りでOKな施術方法

顔の印象が変わる

看護師と先生

目立つときは切除もあり

人間には誰しも必ずほくろがどこかにあるものです。ほくろとは、正式には色素性母斑といい、母斑とはあざという意味です。母斑細胞が集まると徐々に皮膚に色がついたり盛り上がります。これがほくろになるのです。ほくろは紫外線によってできることが多く、紫外線対策をきっちりと行うことでメラニン色素の生成を抑え、ほくろを増やさないことが可能になることがあります。特に顔にできていると、その人を印象づけたり、チャームポイントにもなりますが、本人はきにしていることもあります。気になって、爪などでひっかいたり、器具などを使って自己処理をしようとする人がいますが、これはお勧めしません。ほくろにひっかくなどの刺激を与えると、かえって数が増えてしまうことがあります。また、自己処理で除去しようとして、出血がおきたりすると、そこから細菌感染などが起こることもあり危険です。特に顔にできたものが悪化すると大変です。自己処理せずに皮膚科や整形外科などに相談しましょう。皮膚科や整形外科・美容整形などでは、ほくろを除去する治療が行われます。レーザー治療なども行うことが出来、安全ですので、医療機関などで施術することがきれいに除去するための大切なことです。

病気の可能性もある

気になるほくろがあれば、病院を受診しなければならない原因とは、まれに大きな病気の可能性があることがあるからです。普通のほくろだと思っても、実は悪性の可能性があることがあります。その一つがメラノーマです。メラノーマは皮膚がんの一種で、その症状がほくろです。メラノーマとは悪性黒色腫という病気で、紫外線を過剰に浴びていたり、刺激が常にかかる足などにできやすいガンです。ほくろの大きさが6ミリ以上のいびつな形のもの・盛り上がっている・境界線がわかりずらいにじんだ状態のものに多く、こういったほくろの場合は必ず皮膚科を受診することが大切です。早期に治療しなければ、命にかかわる可能性もありますので注意が必要です。こういったほくろでなければ、皮膚科や美容整形などで除去することが可能です。除去方法には、さまざまな方法があります。小さいほくろには、レーザー治療が多く用いられます。盛り上がりがあるものには、高周波メスや電気メスなどで細胞を削り取る施術が行われます。顔にできた小さめのものには、くりぬきという施術方法がとられることがあります。大きく膨らみや盛り上がりが大きいものには、メスでの切除縫合治療が行われます。