ウーマン

美容整形外科でほくろを除去|日帰りでOKな施術方法

悩みから解放されましょう

ガッツポーズの医師

除去方法を紹介します

ほくろは誰にでもあるものですが、顔など目立つ場所に大きなほくろがあると、気にしてしまう方が多いです。小さな薄いものでしたら化粧で隠したり市販のクリームで薄くすることも出来ますが、大きくて根が深いものは美容整形で取るのが確実です。ほくろ除去のための美容整形について、紹介します。小さなものに有効なのは、レーザー治療です。レーザーを照射して色素や細胞を破壊する方法で、色の濃さによっては数回照射することもあります。レーザーには、色素だけを破壊する軽いものや、細胞まで破壊する強めのものまであります。大きさや色の濃さによって、使うレーザーが決まります。いずれにせよメスを使わないので出血はなく、傷は軽いやけど程度ですみます。ただし、大きかったり盛り上がっていたりすると、除去しきれません。5mm以上の大きさのほくろの場合は、切除がよいでしょう。メスでほくろ周辺の皮膚を切ってまた縫い合わせれば、どんなほくろでも綺麗に取り除くことが出来ます。また、メスではなく円形状の器具で皮膚を切り、縫合せずに軟膏で止血する、くりぬきという方法もあります。この他に、高音波メスという器具でほくろの細胞を削って除去するという方法もあります。レーザーよりは効果が高く、切除よりは傷が軽くすみます。

悪性のものに注意です

このように、ほくろ除去にはいくつかの方法があります。どの整形方法が適しているのか、必ず医師とよく相談の上決めましょう。信頼出来る医師を見つけるのも大切ですので、納得いくまで説明してくれるかどうかも確認してください。また、ほくろのほとんどは良性で放っておいても健康上問題があるわけではありません。しかし中には悪性のものもあり、ほくろだと思っていたら実は皮膚ガンだったということもありえます。形が左右対称でないもの、だんだん大きくなるもの、突如出来たものは、ガンの可能性があるので、注意してください。気になるほくろを見つけた場合は、すぐに医師に相談しましょう。悪性の疑いがある場合は、除去するのにも保険適用となります。また切除したほくろを病理検査に出して調べる場合も、保険適用出来ます。保険が適用となるかどうかは最終的に医師の判断によりますので、確認してみてください。費用は、保険適用なら約1万円、適用外なら約3万円というのが相場です。クリニックによっては5千円ほどから可能なところもあります。ほくろの大きさや根の深さによって、料金は異なります。思い切って美容整形でほくろを切除し、コンプレックスを解消しましょう。